有料会員限定

外部環境は確かに改善 そろった3つの好条件 株高の理由

印刷
A
A

日経平均2万円の大台回復に向けて期待が高まる株式市場。一方で官製相場の弊害も見えてきた。日本株をめぐる環境変化から先を読む。

(本誌:緒方欽一)

日経平均株価の2万円台回復がいよいよ視野に入ってきた。日経平均は2月16日に2007年以来となる1万8000円台に乗せた後、それから1カ月足らずの3月13日に00年4月以来となる1万9000円台に突入(図表1)。この間、米国株が下がっても日本株は上がるという、これまでにはない強さを見せている。

[図表1]
拡大する

特集「株価爆上げ 2万円」の他の記事を読む

今後の株高の行方を占う「指標」として投資家の間で注目されている株がある。銀行を中心とした金融株だ。アベノミクス相場で資産1億円を築いた個人投資家に会うと、早速株価チャートを手に熱弁を振るってくれた。

株高期待をより高める「リフレ銘柄」の再脚光

彼が取り出したのは、三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)の直近3年分のチャートだ。これを見ると、12年末からのアベノミクス相場で上昇した株価は13年5月に732円の高値をつけた後、モミ合っていた。それが今年2月に入って急上昇、13年の高値を超えて足元では800円に迫ってきている。

「三菱UFJFGのような大型株が上値を取ってくると、次は中小型株の株価もつれて上がってくるはず」。株高に向けた期待は高まる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内