有料会員限定

勃興する無人ビジネス 「ドローン」が空を舞う

印刷
A
A

配送や撮影、計測の現場で、無人飛行機を使った試みが始まっている。

米アマゾンの「プライム・エア」。最大で約2.3キログラムの荷物を注文後30分以内で配送する

はたして「ドローン」は“空の産業革命”を起こせるか──。

ドローンと呼ばれる無人飛行機が世界中で離陸しようとしている。ドローンとは複数のプロペラを持ち、電池を動力源に空中を浮遊する機器で、マルチコプターとも称される。誤解を恐れずに言えばラジコンヘリの進化版。ただし応用範囲は劇的に広い。

[図表1]
拡大する

その可能性を広く世に知らしめたのが、米アマゾン・ドット・コムだ。2013年末に発表した構想が「プライム・エア」。配送センターからドローンを飛ばし、重さ最大2.3キログラムの荷物を30分以内で届ける野心的な計画は、見る者に衝撃を与えた。実現性を危ぶむ声もあるが、この発想に触発され、日本でも離島などで、ドローンによる配送の実現を目指す動きがある。

もちろん用途は配送だけにとどまらない。

コマツは工事現場で活用

渋谷ヒカリエホールの中を飛び回るドローン(コマツの新規事業説明会)

1月20日。渋谷ヒカリエホールで、小型のドローンが飛び回り、ステージ中央にふわり降り立つと、場内からどよめきが起こった。コマツが2月に立ち上げる、スマートコンストラクション事業の説明会だ。狙いはITによる建設施工現場の改善。その切り札がドローンなのである。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内