有料会員限定

「一強」の時代 第6回

印刷
A
A

政治の世界では、自民党というより、もはや首相官邸の独り勝ちだ。テレビの情報番組ではNHK出身の池上彰氏が引っ張りだこである。一強多弱時代とメディアの微妙な関係。

「安倍2.0」の復讐戦

逢坂 巌 立教大学兼任講師

おうさか・いわお●1965年生まれ。専門は現代日本政治、政治コミュニケーション。著書に『日本政治とメディア』、共著に『テレビ政治』。(撮影:今井康一)

「安倍晋三2.0」。私は新しいキャラクターに生まれ変わった安倍晋三首相をこう呼んでいます。第2次政権発足から2年が経過しましたが、世論調査の支持率は高止まりしたままです。官邸主導、言い換えれば官邸一強。その裏には新キャラの誕生、そして周到なメディア戦略があると思います。

第1次政権のとき、安倍首相はメディアに総攻撃されて支持率を落としていきました。本人の屈辱感は相当だったはずで、そのリベンジの思いが新キャラとなって結実した。それは首相を支えるスタッフも同じです。前回事務秘書官だった今井尚哉氏は、政務秘書官としてカムバックした。その部下たちもスピーチライターとして官邸を支えている。

NHKとの関係改善には、まず人事を使いました。昨年の新会長の選出には官邸の強い影響力が見えたし、NHK側もそれに応えて首相に近い記者を官邸に配置している。記者起用については産経新聞もそう。逆に朝日新聞は首相に直接電話できる記者は少ないようです。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内