世界のM&A総額、7年ぶりに3兆ドル突破

11月20日時点で3兆0600億ドル

(写真:beer/imasia)
画像を拡大

[21日 ロイター] - 2014年の世界全体のM&A(合併・買収)総額は、11月20日時点で前年同期比約48%増の3兆0600億ドルで、2007年以来7年ぶりに3兆ドルを突破したことが、トムソン・ロイターの調べで分かった。

11月は、米医薬品会社アクタビスによるアラガンの買収(664億ドル)や、米資源開発サービス会社ハリバートンによるベーカー・ヒューズの買収(385億ドル)といった大型案件がけん引役となった。

M&Aアドバイザーランキングでは、ゴールドマン・サックスが8770億ドルでトップ。ついでJPモルガン・チェースが6510億ドルで2位、シティグループが6330億ドルで3位となった。モルガン・スタンレーは昨年の3位から5位に順位を落とした。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT