世界のM&A総額、7年ぶりに3兆ドル突破

11月20日時点で3兆0600億ドル

(写真:beer/imasia)
画像を拡大

[21日 ロイター] - 2014年の世界全体のM&A(合併・買収)総額は、11月20日時点で前年同期比約48%増の3兆0600億ドルで、2007年以来7年ぶりに3兆ドルを突破したことが、トムソン・ロイターの調べで分かった。

11月は、米医薬品会社アクタビスによるアラガンの買収(664億ドル)や、米資源開発サービス会社ハリバートンによるベーカー・ヒューズの買収(385億ドル)といった大型案件がけん引役となった。

M&Aアドバイザーランキングでは、ゴールドマン・サックスが8770億ドルでトップ。ついでJPモルガン・チェースが6510億ドルで2位、シティグループが6330億ドルで3位となった。モルガン・スタンレーは昨年の3位から5位に順位を落とした。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT