「世界株高の宴はまだまだ続く」JPモルガンが予想

今年も上昇が続く条件が全て整っていると分析

JPモルガン・チェースのストラテジストらによれば、世界の株式市場は今年も上昇が続く条件が全て整っている。

下振れリスクはすでに織り込み済み

ミスラブ・マテイカ氏らストラテジストは4日のリポートで「強気を維持するべきだ。強材料は尽きていない」と主張した。中央銀行のタカ派転換や中国経済の減速、新型コロナウイルス対策の大幅な制限強化などの下振れリスクは実現しないか、実現するとしても既に株価に織り込まれていると説明した。

前例のない財政刺激策とコロナ禍からの堅調な回復を背景に、米国と欧州の株価指数は過去最高水準にある。クレディ・スイス・グループは今週、米国株について強気の見方を確認。ソシエテ・ジェネラルは4日、欧州株の今年のリターンを6.6%とする予測を維持し「強気市場は終わっていない」との見方を示した。 ゴールドマン・サックス・グループとブラックロック・インベストメント・インスティチュートのストラテジストもペースは鈍るものの相場上昇を見込んでいる。

次ページ新興市場株式への参入の好機
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT