スバル、新型「WRX」で国内反撃

国内専用モデル「S4」が象徴する方針転換

S4とSTIを合わせた販売目標は年間7800台

富士重は年間の世界販売が約90万台と、決して大きくはない自動車メーカーだ。開発リソースも限られる。短期間に複数の車種を投入する計画であればなおさらで、レヴォーグとS4の駆動系を共通のものとしたのも、ある意味当然と言えよう。

メーカーとしての軸足を米国に移したとはいえ、日本は富士重にとって2番目に販売台数が多い国だ。母国市場でもある。これも業績好調が続いたからこそ、2大市場の両方に向いた開発が可能になった。今年5月に発表した2020年までの中期経営ビジョンには「際立とう2020」と名付けた。「際立つ」メーカーであり続けるべく、富士重の試行錯誤が続く。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT