部品供給不足でトヨタの9月世界生産台数38%減

焦点は今後、減産分をどこまで挽回できるか

トヨタ自動車は28日、9月のグループ全体の世界生産台数が前年同月比38%減の60万3762台だったと発表した。東南アジアでの新型コロナウイルス拡大などによる部品供給不足で減産を余儀なくされた。

トヨタの発表資料によると、トヨタ単体の生産は同39%減の51万2765台となった。輸出も55%減少した。販売も部品供給不足の影響を受け、ダイハツ工業や日野自動車を含めたグループ全体の9月販売は同17%減と12カ月ぶりの前年割れとなった。

ベトナムやマレーシアを中心に新型コロナ感染が拡大した影響などで自動車業界のサプライチェーン(部品供給網)に混乱が広がり、トヨタは8月下旬から一部工場の稼働を停止。同社の10月生産も大幅減の見通しとなっているものの、11月は単月として過去最高に迫る水準を見込んでおり、今後は減産分をどこまで挽回できるかが焦点となる。

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:稲島剛史

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT