中国の新築住宅価格15年4月以来6年ぶりの下落

恒大不安広がり不動産取引の低迷が鮮明に

中国の新築住宅価格が先月、6年ぶりの下落に転じた。世界2位の経済規模を誇る中国で、不動産の低迷が鮮明になりつつある。

国家統計局が20日発表した統計によれば、主要70都市の新築住宅価格(政府支援住宅除く)は9月に前月比0.08%低下と、2015年4月以来の下落。

中国の住宅販売額、9月は約17%減少-恒大巡り危機広がる

中国恒大集団など不動産開発企業が資金調達難に陥り、購入者も距離を置く中で住宅市場の不振がより顕著となっている。価格の下落は一段の需要鈍化を招き、建設業者の資金繰りが悪化してより大幅な値下げを余儀なくされる悪循環に拍車が掛かる恐れもある。例年なら9月は住宅市場の繁忙期に当たる。

原題:China Home Rut Deepens as Prices Fall for First Time Since 2015(抜粋)

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:Bloomberg News

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT