アジア系ヒーロー映画、コロナ禍北米最大ヒット

週末の北米興行収入1330万ドル、累計2億ドル弱

24日からの週末の北米映画興行収入ランキングで、米ウォルト・ディズニー傘下のマーベル映画で初めてアジア系スーパーヒーローを主人公とした「シャン・チー/テン・リングスの伝説」が4週連続1位を記録した。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)下で最も興行収入が高い作品となっている。

調査会社コムスコアが26日発表したところによると、シャン・チーの週末の北米興行収入(推計値)は1330万ドル(約14億7000万円)。ボックスオフィス・プロの予想1380万ドルをわずかに下回ったが、累計では1億9650万ドルとなった。

アジア系ヒーロー作品が記録更新-レーバーデー週末の北米映画興収

これまでのパンデミック下での北米興行収入トップは、同じマーベル映画の「ブラック・ウィドウ」だった。

コムスコアによれば、ブロードウェイ・ミュージカルを映画化したユニバーサル・ピクチャーズの「ディア・エヴァン・ハンセン」が週末の興行収入約750万ドルで初登場2位。

 

 

原題:‘Shang-Chi’ Becomes Biggest Domestic Box Office Hit in Covid Era(抜粋)

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:Kelly Gilblom

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT