「警察官を夢見る若者」が犯したとんでもない失敗 漫画「教場」(第2集 第14話)

✎ 1〜 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 6
印刷
A
A
98期生の中でも仲がいい稲部と鳥羽。試験前のある日、それぞれ自習室で夜遅くまで勉強していたはずが──

警察官になることをめざし、希望を胸に警察学校に入学した若者たち。彼らの前に立ちはだかるのは、新たに赴任してきた義眼の担当教官・風間公親。

『教場(1)』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

彼は新入生たちに「卒業させるつもりはない」と宣言。

「警察学校は、警察官の資質に欠ける者をはじき出す篩(ふるい)である」。いったいその言葉の真意とは?

警察学校で学ぶ学生たちの青春、そして悩み、葛藤――。漫画『教場』(小学館)より抜粋してご紹介します。

この記事の漫画を読む(19ページ)
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT