FRBがインフレ危機を回避することが難しい訳

FRBのコントロール及ばぬ要因がインフレを左右

米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は、物価の安定と雇用の最大化という金融当局の二大責務を達成するには、インフレ期待をコントロールすることが肝要だと述べている。

インフレ期待は年齢や性別によって大きく異なる

問題なのは、経済が新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)から立ち直りつつある中、米金融当局に実際それが可能かどうか全く分からないことだ。消費者のインフレ期待は年齢や性別によって大きく異なり、金融当局の言動に特に敏感というわけでもない。

さらに、物価動向を左右する上でほぼ間違いなく最も重要な役割を果たす企業の行動については、物価に対する企業の意識調査が限られているため不明点もある。

元FRB理事で現在はシカゴ大学ブース経営大学院の経済学教授であるランドール・クロズナー氏は、インフレ期待のコントロールは「間違いなく難しい」と指摘。「特にその方法が正確に分からない場合はなおさらだ」と述べた。

一部のエコノミストは、インフレ期待の変化をさほど重視していない。1980年代以降、期待値の変化が行動の変化や実際のインフレにつながったという証拠が乏しいというのが理由だ。

インフレ期待を微調整しようとする金融当局の試みは、物価圧力の受け止め方が消費者層によって異なるため難しくなっている。「高インフレを経験した人は、そうでない人に比べて系統的に高いインフレ期待を持ち、インフレに対する嫌悪感が強い」。オリビエ・コイビオン氏やユーリー・ゴロドニチェンコ氏ら経済学者は2018年の論文でこう指摘した。

次ページ米消費者のインフレ期待はガソリンや食料品の価格と極めて密接
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • ブックス・レビュー
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT