「激安」のからくり 金子哲雄著

「激安」のからくり 金子哲雄著

今や当たり前になったマクドナルドの100円ハンバーガー、2万円台で買えるネットブックパソコン。大手総合スーパーではジーンズが880円、スーツが7800円で売られている。「安さ」の理由はどこにあるのか。

長年にわたり激安の現場をフィールドリサーチしてきた著者が、コストを徹底的に抑えた現代の「激安」事情をリポート。ダイエーの中内功、イトーヨーカドーの鈴木敏文、ユニクロの柳井正といった経営者らの安売り哲学も紹介する。

グローバル化がもたらす激安スパイラルは一方で日本の産地の破壊につながると指摘。これは消費者にとって真にいいことなのかと問題提起をしながら、流通業の今後を展望する。

中公新書ラクレ 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大学 シン・序列<br>コロナ後に変わる名門校の条件

コロナショックを受けて、大学をめぐる環境は急変。授業のオンライン化、学生の経済的困窮など、解決するべき課題は山積しています。大学はどのように変わるのか。50ページにわたる特集で最高学府の近未来を探りました。