「激安」のからくり 金子哲雄著

「激安」のからくり 金子哲雄著

今や当たり前になったマクドナルドの100円ハンバーガー、2万円台で買えるネットブックパソコン。大手総合スーパーではジーンズが880円、スーツが7800円で売られている。「安さ」の理由はどこにあるのか。

長年にわたり激安の現場をフィールドリサーチしてきた著者が、コストを徹底的に抑えた現代の「激安」事情をリポート。ダイエーの中内功、イトーヨーカドーの鈴木敏文、ユニクロの柳井正といった経営者らの安売り哲学も紹介する。

グローバル化がもたらす激安スパイラルは一方で日本の産地の破壊につながると指摘。これは消費者にとって真にいいことなのかと問題提起をしながら、流通業の今後を展望する。

中公新書ラクレ 777円

  

関連記事
トピックボードAD
  • 鳥海高太朗のエアポート一刀両断
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
シャープ製パネルで相次ぐ<br>火災事故の深層

19件中10件がシャープ製。消費者庁のデータに登録されている、太陽電池パネルに関連した火災事故の数だ。「原因が特定できない」とし、製品リコールに否定的なシャープ。対策が急務。