残念な人の思考法 山崎将志著

残念な人の思考法 山崎将志著

「残念な人」とは、能力もあっていつも一生懸命なのに、仕事で結果を出せない、あるいは詰めの甘い人のこと。

たとえば、事務手続きはすべて完了しているのに「だいたい終わっています」と答えて顧客を混乱させる人。自分の業務にどう役に立つか知りたい顧客に、製品の機能説明を延々と続ける営業マン。生産能力以上の客を詰め込み、ランチタイムに客を待たせてしまう飲食店などである。

こうした人たちは、仕事の段取り・前提条件・価値観などをひっくるめたプライオリティ付けが間違っていると、ビジネスコンサルタントの著者は断じる。仕事で成功するためには、どのようなプライオリティに従って思考すればいいのかを伝授してくれる。

日経プレミアシリーズ 893円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。