残念な人の思考法 山崎将志著

残念な人の思考法 山崎将志著

「残念な人」とは、能力もあっていつも一生懸命なのに、仕事で結果を出せない、あるいは詰めの甘い人のこと。

たとえば、事務手続きはすべて完了しているのに「だいたい終わっています」と答えて顧客を混乱させる人。自分の業務にどう役に立つか知りたい顧客に、製品の機能説明を延々と続ける営業マン。生産能力以上の客を詰め込み、ランチタイムに客を待たせてしまう飲食店などである。

こうした人たちは、仕事の段取り・前提条件・価値観などをひっくるめたプライオリティ付けが間違っていると、ビジネスコンサルタントの著者は断じる。仕事で成功するためには、どのようなプライオリティに従って思考すればいいのかを伝授してくれる。

日経プレミアシリーズ 893円

  

関連記事
トピックボードAD
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 中原圭介の未来予想図
  • トクを積む習慣
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。