残念な人の思考法 山崎将志著

残念な人の思考法 山崎将志著

「残念な人」とは、能力もあっていつも一生懸命なのに、仕事で結果を出せない、あるいは詰めの甘い人のこと。

たとえば、事務手続きはすべて完了しているのに「だいたい終わっています」と答えて顧客を混乱させる人。自分の業務にどう役に立つか知りたい顧客に、製品の機能説明を延々と続ける営業マン。生産能力以上の客を詰め込み、ランチタイムに客を待たせてしまう飲食店などである。

こうした人たちは、仕事の段取り・前提条件・価値観などをひっくるめたプライオリティ付けが間違っていると、ビジネスコンサルタントの著者は断じる。仕事で成功するためには、どのようなプライオリティに従って思考すればいいのかを伝授してくれる。

日経プレミアシリーズ 893円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT