「野球が9回制になった」あまりに予想外の理由

かつては「21点先取した方が勝つ」ルールだった

なぜ野球は「9回制」なのか?(写真:シュン/PIXTA)

コロナ禍によって、昨シーズンは予定より約3ヵ月遅れの6月19日に開幕したプロ野球でしたが、今シーズンは従来通り3月の最終金曜日に開幕。一部外国人選手の入国が遅れたり、ヤクルトや巨人などの選手からコロナ感染者が出たりと、混乱はあったものの、順調に日程をこなしているのは、ファンの1人として喜ばしい限り。

そんなコロナ下の今シーズンのプロ野球に於ける“特例”として、大きな話題となったのが、「9回で試合打ち切り」、要するに、今年は延長戦を行わないというルールです。

これによって増加が予想されたのが、引き分け試合数。事実、開幕してから3週間で既に昨シーズンの全引き分け数を超えるチームも現れるなど、現場へ大きな影響を与えています。引き分け試合を除いた、勝ちゲームの率の高さで競うシステムは変わらないため、このルールが優勝の行方を大きく左右するかもしれません。

さて、この特例によって、改めてクローズアップされているのが、「野球=9回」というルールそのもの。従来から、高校野球でも、メジャーリーグでも、国際大会でも、公式試合が9回で行われているのは言うまでもありません。

しかし、例えばボウリングは10フレームですし、カーリングも10エンドと、他の多くのスポーツでは、1試合を切りのいい10回に区切って行っています。なのに、どうして野球は9回なのでしょうか? そこには、面白い変遷がありました。

「9回」ルールを作った人とは?

そもそも、現在行われている野球のルールの原型を作ったのは誰なのか? それは、アレクサンダー・カートライトさんという方です。

アレクサンダー・カートライト氏(写真:National Baseball Hall of Fame Library/Getty)

カートライトさんは1820年、アメリカ・ニューヨークの生まれ。16歳の時からウォール街にある銀行の事務員として働いていたそうですが、その銀行が火事になり失業。その後、兄と共にマンハッタンで本屋さんを開業した若手実業家でした。

次ページかつては「21点を取ったチームが勝ちとなる」ルールだった
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT