「野球が9回制になった」あまりに予想外の理由

かつては「21点先取した方が勝つ」ルールだった

なぜ野球は「9回制」なのか?(写真:シュン/PIXTA)

コロナ禍によって、昨シーズンは予定より約3ヵ月遅れの6月19日に開幕したプロ野球でしたが、今シーズンは従来通り3月の最終金曜日に開幕。一部外国人選手の入国が遅れたり、ヤクルトや巨人などの選手からコロナ感染者が出たりと、混乱はあったものの、順調に日程をこなしているのは、ファンの1人として喜ばしい限り。

そんなコロナ下の今シーズンのプロ野球に於ける“特例”として、大きな話題となったのが、「9回で試合打ち切り」、要するに、今年は延長戦を行わないというルールです。

これによって増加が予想されたのが、引き分け試合数。事実、開幕してから3週間で既に昨シーズンの全引き分け数を超えるチームも現れるなど、現場へ大きな影響を与えています。引き分け試合を除いた、勝ちゲームの率の高さで競うシステムは変わらないため、このルールが優勝の行方を大きく左右するかもしれません。

さて、この特例によって、改めてクローズアップされているのが、「野球=9回」というルールそのもの。従来から、高校野球でも、メジャーリーグでも、国際大会でも、公式試合が9回で行われているのは言うまでもありません。

しかし、例えばボウリングは10フレームですし、カーリングも10エンドと、他の多くのスポーツでは、1試合を切りのいい10回に区切って行っています。なのに、どうして野球は9回なのでしょうか? そこには、面白い変遷がありました。

「9回」ルールを作った人とは?

そもそも、現在行われている野球のルールの原型を作ったのは誰なのか? それは、アレクサンダー・カートライトさんという方です。

アレクサンダー・カートライト氏(写真:National Baseball Hall of Fame Library/Getty)

カートライトさんは1820年、アメリカ・ニューヨークの生まれ。16歳の時からウォール街にある銀行の事務員として働いていたそうですが、その銀行が火事になり失業。その後、兄と共にマンハッタンで本屋さんを開業した若手実業家でした。

次ページかつては「21点を取ったチームが勝ちとなる」ルールだった
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT