世界最速でワクチン接種進める中国が陥る苦境

メーカーの量産にも限界迫る?

今年6月末までに総人口の40%に当たる5億6000万人に新型コロナウイルスワクチン接種を終えるとの野心的な目標を掲げる中国が、国産ワクチンの供給不足に陥っている。このため、衛生当局は1回目と2回目の接種間隔を延ばさざるを得なくなっており、一部の人々は2回目の接種予約ができない状況だ。

世界最速のワクチン接種スピードが裏目に

中国は1日当たりのワクチン接種回数を約500万回分に加速。世界で最速となっているが、ブルームバーグのワクチン・トラッカーによると、人口100人当たりで見れば接種で先行する米国やイスラエルなどになお後れを取っている。

中国は国内メーカーからワクチン供給を受けているため、調達難に陥っている大半の国・地域に比べて管理はしやすいが、急ピッチの接種でメーカーの量産にも限界が迫りつつあると事情に詳しい複数の関係者は明かす。

北京市内でコロナワクチン接種のため並ぶ人々(4月8日)

公に話す権限がないとして匿名を条件に語った関係者によれば、こうした事情もあって国家衛生健康委員会は3月末、1回目と2回目の接種間隔を最大8週間に延ばせるとのガイドラインを出した。これは中国生物技術や科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)が開発したワクチンの臨床試験で採用した接種間隔の2倍余りだ。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT