U-NEXT、Hulu独占の海外ドラマ奪取が必然の訳

加速するテレビ局系の人気作品囲い込みに対抗

会員200万人を達成したユーネクスト。堤天心社長は「早期に250万人、300万人を目指したい」と話した(写真:U-NEXT)

3月30日、USEN-NEXTホールディングス傘下の動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」がアメリカの大手映画会社のワーナーメディアとSVOD(定額型動画配信)における独占パートナーシップ契約を締結したと発表した。

今後、ワーナーメディアが傘下に持つアメリカ大手ケーブルテレビのHBOおよび動画配信サービスのHBO Maxのオリジナル最新作や「セックス・アンド・ザ・シティ」など既に公開されている一部人気作品がユーネクストにおいて展開されることとなる。

HBOとHBO Maxはアメリカにおいて計4150万人もの会員を抱える人気サービス。作品には1タイトル100億円以上を投じているとされるものもあり、ユーネクスト側も「(ドラマでも)映画並みのクオリティを展開している」(本多利彦最高コンテンツ責任者)と評価する。

順調に会員数を伸ばしているが…

ユーネクストは2020年11月末時点で課金ユーザーが209万件と前年同期比で36%増加。新型コロナ影響による巣ごもり需要もあって、会員数を大きく伸ばしていた。今後はワーナーメディアとの提携でユーネクストでしか視聴できない作品を増やし、さらなる会員獲得を目指す方針だ。

動画配信市場はユーネクストだけではなく、多くのサービスが成長している。アメリカのネットフリックスは2020年9月に日本の会員が500万人を突破したと発表。2019年9月時点から1年で200万人増加させた。

直近の会員数は公表されていないが、日本テレビホールディングス傘下のHulu(フールー)も大きく会員数を伸ばしている。フールーを運営するHJホールディングスの売上高は2020年4~12月期で216億円。期末の会員数が191万人だった2018年4~12月期の売上高149億円から、2年間で44%もの成長を見せ、会員数も大幅に増加しているとみられる。

次ページ実はHuluと独占契約していたHBO
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT