Facebookが報道ニュースを豪州で締め出すワケ

報道機関に対価払う義務を課した法案に抵抗

米フェイスブックはオーストラリア国内のサービスでニュース共有の制限を始めた。利用者が投稿したニュースに関して報道機関に対価を支払うようテクノロジー企業に義務付ける法案に従わない姿勢を示した。

フェイスブックによる今回の制限は同法案への対応で最も強力な措置となる。報道機関側はフェイスブックや米アルファベット傘下グーグルのデジタルプラットフォームで扱われるニュースが生み出す価値への対価支払いが必要との立場。両社が広告市場で大きなシェアを握る中で、正当な対価を求めている。

豪州政府・FBは対話を続けることでは一致

フェイスブックの措置によって豪州内でニュース共有ができなくなり、世界のユーザーも豪報道機関が配信する記事の共有が阻まれる。この結果、オンラインでニュースや情報にアクセスする上で最も広く使われる方法の1つが断たれる恐れがある。

フライデンバーグ財務相は現地時間18日朝にフェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)と「建設的な協議」を行ったとツイート。同CEOが法案に関して残る幾つかの問題を取り上げ、今後の道筋を見つけられるよう対話を続けることで一致したと説明した。フェイスブックの広報担当者にコメントを求めたが、すぐに返答は得られなかった。

フライデンバーグ豪財務相

原題:Facebook Cuts Off News in Australia in Fight Over Payments (2)(抜粋)

著者:Gerry Smith、Kurt Wagner、Angus Whitley

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT