先の先を読め 複眼経営者「石橋信夫」という生き方 樋口武男著

先の先を読め 複眼経営者「石橋信夫」という生き方 樋口武男著

希代の事業家には、ユニークな名言・格言を生み出す達人が少なくない。

曰(いわ)く「時間を値切れ」。平たく言えば「時間のムダはお金のムダ」。そのエピソードに脱帽する。さる製鉄所の落成式で、一人広大な敷地をタイムカードのある正門から工場まで歩く。31分。従業員は1万2500人。年間80億円相当の“カラ就業”と暗算。

いま一つ、「仕事に惚れろ。会社に惚れろ。自分に惚れろ」という「三惚れ精神」。どこにもある心得と見えて、「そやけど、土地には惚れたらあかんで」と続く。得意分野での慢心を厳に戒める。

薫陶を受けた後継者が週刊誌連載から51話を抜き出し、その言葉に結晶した企業経営のヒントを伝える。

文春新書 861円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。