多極化世界の日本外交戦略 神余隆博著

多極化世界の日本外交戦略 神余隆博著

米ソ2大国の冷戦構造からアメリカ1国支配を経て、世界は今、多極化へと向かっている。そうした中では外交も、2国間から多国間へとシフトして行かざるをえないというのが、現ドイツ大使である著者の言だ。

経済が失速する中で、今後日本が世界に存在感を示すためには、外交立国を目指すべきで、そのためにはマルチ外交を強化する必要があると説く。マルチ外交とは、他人の利益を侵害しないギリギリの線まで、自分の利益を高めるための解を見つけ出すこと。

国益を守るためのマルチ外交をどう展開するか。そのための知恵と知略、レトリック、交渉術を開陳しながら、同時に21世紀の日本外交の課題を論じている

朝日新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT