【産業天気図・石油】精製販売マージンの最悪期は脱すもかつての利益水準には遠い、1年終始「曇り」止まり

予想天気
10年4月~9月 10年10月~11年3月

石油業界は2010年4月から1年通じて、「曇り」が続きそうだ。業界各社の相次ぐ減産と景気底打ちで精製元売りの採算は最悪期を脱すが、石油製品の需要はじり貧が続き、依然として国内の環境は厳しい。

石油元売り各社は大量の原油・石油製品在庫を持つため、原油市況の上昇時には在庫の価値が上がり、決算で評価益が発生する(原油市況下落時には在庫評価損)。

08年度はリーマン・ショック後の原油相場急落で多額の在庫評価損が発生、09年度は市況が再度上昇に転じたため、逆に数百億~1000億円超の在庫評価益が営業益を押し上げた。

ただ、こうした評価益は一過性のもの。経営の実態を示す評価損益を除いた真水ベースの損益をみると、09年度は各社とも精製販売事業の実質損益が赤字に転落した。

元売りは基本的に自社で製油所を持ち、調達した原油から軽油、ガソリン、灯油等の各種石油製品を精製し、系列のガソリンスタンドや燃料取引店等へ販売する。

しかし、末端需要が弱いため、卸値に適正なマージンが転嫁できず、09年度は各社とも精製・販売のコストを吸収しきれなかった。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • iPhoneの裏技
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
企業の成長に最も大切なものは<br>新浪剛史氏インタビュー

社員を追い詰めながら業績をひねり出すのではなく、「まずは理念の共有」が新浪流。ローソンから移って5年目、サントリーホールディングスの舵を取る辣腕経営者が、米ビーム社統合でも貫かれた「社員を大事にする経営」の神髄を語る。