変な給食 幕内秀夫著

変な給食 幕内秀夫著

「ラーメンにドーナッツ」。「シュガートーストにワンタンスープ」。「きつねうどんに蒸しパン」。「ラーメンに焼き芋」。「焼きそばに焼き鳥」。すべて牛乳つき。

これが給食?という怪メニューがカラー写真73枚で紹介される。皮肉たっぷりの見出しときつい解説は大いに笑えるが、もちろん笑っていられる話ではない。

最後に新潟県三条市のまともな給食2例でやっと救われるとはいえ、こんな無国籍給食の姿が糾弾されても、多くの栄養士や行政は「子供が喜ぶのが良い給食」と言ってはばからない。

要するに「子供ポピュリズム」なのだ。子供の好きな揚げ物・甘いもの・かまずにすむものを組み合わせると、奇妙奇天烈なメニューとなるのが必然だ。

これでは地産地消どころではないが、米飯給食を増やせば問題は解決すると著者は主張する。子供の食は将来の食を必然的に規定するという危機感こそが問われている。現下の給食事情は根が深い。(純)

ブックマン社 1400円

  

関連記事
トピックボードAD
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 鳥海高太朗のエアポート一刀両断
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
シャープ製パネルで相次ぐ<br>火災事故の深層

19件中10件がシャープ製。消費者庁のデータに登録されている、太陽電池パネルに関連した火災事故の数だ。「原因が特定できない」とし、製品リコールに否定的なシャープ。対策が急務。