変な給食 幕内秀夫著

変な給食 幕内秀夫著

「ラーメンにドーナッツ」。「シュガートーストにワンタンスープ」。「きつねうどんに蒸しパン」。「ラーメンに焼き芋」。「焼きそばに焼き鳥」。すべて牛乳つき。

これが給食?という怪メニューがカラー写真73枚で紹介される。皮肉たっぷりの見出しときつい解説は大いに笑えるが、もちろん笑っていられる話ではない。

最後に新潟県三条市のまともな給食2例でやっと救われるとはいえ、こんな無国籍給食の姿が糾弾されても、多くの栄養士や行政は「子供が喜ぶのが良い給食」と言ってはばからない。

要するに「子供ポピュリズム」なのだ。子供の好きな揚げ物・甘いもの・かまずにすむものを組み合わせると、奇妙奇天烈なメニューとなるのが必然だ。

これでは地産地消どころではないが、米飯給食を増やせば問題は解決すると著者は主張する。子供の食は将来の食を必然的に規定するという危機感こそが問われている。現下の給食事情は根が深い。(純)

ブックマン社 1400円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT