変な給食 幕内秀夫著

変な給食 幕内秀夫著

「ラーメンにドーナッツ」。「シュガートーストにワンタンスープ」。「きつねうどんに蒸しパン」。「ラーメンに焼き芋」。「焼きそばに焼き鳥」。すべて牛乳つき。

これが給食?という怪メニューがカラー写真73枚で紹介される。皮肉たっぷりの見出しときつい解説は大いに笑えるが、もちろん笑っていられる話ではない。

最後に新潟県三条市のまともな給食2例でやっと救われるとはいえ、こんな無国籍給食の姿が糾弾されても、多くの栄養士や行政は「子供が喜ぶのが良い給食」と言ってはばからない。

要するに「子供ポピュリズム」なのだ。子供の好きな揚げ物・甘いもの・かまずにすむものを組み合わせると、奇妙奇天烈なメニューとなるのが必然だ。

これでは地産地消どころではないが、米飯給食を増やせば問題は解決すると著者は主張する。子供の食は将来の食を必然的に規定するという危機感こそが問われている。現下の給食事情は根が深い。(純)

ブックマン社 1400円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 離婚のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。