変な給食 幕内秀夫著

変な給食 幕内秀夫著

「ラーメンにドーナッツ」。「シュガートーストにワンタンスープ」。「きつねうどんに蒸しパン」。「ラーメンに焼き芋」。「焼きそばに焼き鳥」。すべて牛乳つき。

これが給食?という怪メニューがカラー写真73枚で紹介される。皮肉たっぷりの見出しときつい解説は大いに笑えるが、もちろん笑っていられる話ではない。

最後に新潟県三条市のまともな給食2例でやっと救われるとはいえ、こんな無国籍給食の姿が糾弾されても、多くの栄養士や行政は「子供が喜ぶのが良い給食」と言ってはばからない。

要するに「子供ポピュリズム」なのだ。子供の好きな揚げ物・甘いもの・かまずにすむものを組み合わせると、奇妙奇天烈なメニューとなるのが必然だ。

これでは地産地消どころではないが、米飯給食を増やせば問題は解決すると著者は主張する。子供の食は将来の食を必然的に規定するという危機感こそが問われている。現下の給食事情は根が深い。(純)

ブックマン社 1400円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。