【産業天気図・自動車】トヨタの巨大リコールが世界市場の回復勢いを削ぐ恐れ、前半は「雨」必至

予想天気
10年4月~9月 10年10月~11年3月

自動車業界の2010年4~9月は雨、10年10~11年3月も雨がちな曇りと予想する。リーマンショックから1年半。急激な減産から立ち直り、世界販売も回復を始めるはずだった10年だが、トヨタ自動車<7203>の大規模リコール問題で情勢はのっけから不透明になってきた。

振り返ると08年の世界自動車販売台数は6140万台、09年は5890万台(▲4%)だった。これが10年には再び08年レベルまで戻る--これが業界のコンセンサス。一時の急激な減産で販売以上に落ちこんだ(▲14%)世界生産台数も、今年は+9%と急回復するというのがもっぱらの見立てだった。
 
 この希望に満ちた展望の基礎にあるのは、1つは新興国の持続的成長、もう1つには北米の回復という2つのファクターである。

前者に関しては今年も前途は洋々としている。まずは中国。一時期は排気量1600cc以下の小型車減税が回復を牽引したが、最近では中型車以上も売れ行きは戻ってきており、期央の減税切れの影響は最小限とみられる。

バブル懸念はもちろんあるが、政府・当局も過熱抑制には気を配っており、現状では明確なリスク要因ではない。ほか新興国では回復の糸口がつかめないロシアを除けば、インド、南米などおおむね好調を維持している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。