【産業天気図・自動車】トヨタの巨大リコールが世界市場の回復勢いを削ぐ恐れ、前半は「雨」必至

予想天気
10年4月~9月 10年10月~11年3月

自動車業界の2010年4~9月は雨、10年10~11年3月も雨がちな曇りと予想する。リーマンショックから1年半。急激な減産から立ち直り、世界販売も回復を始めるはずだった10年だが、トヨタ自動車<7203>の大規模リコール問題で情勢はのっけから不透明になってきた。

振り返ると08年の世界自動車販売台数は6140万台、09年は5890万台(▲4%)だった。これが10年には再び08年レベルまで戻る--これが業界のコンセンサス。一時の急激な減産で販売以上に落ちこんだ(▲14%)世界生産台数も、今年は+9%と急回復するというのがもっぱらの見立てだった。
 
 この希望に満ちた展望の基礎にあるのは、1つは新興国の持続的成長、もう1つには北米の回復という2つのファクターである。

前者に関しては今年も前途は洋々としている。まずは中国。一時期は排気量1600cc以下の小型車減税が回復を牽引したが、最近では中型車以上も売れ行きは戻ってきており、期央の減税切れの影響は最小限とみられる。

バブル懸念はもちろんあるが、政府・当局も過熱抑制には気を配っており、現状では明確なリスク要因ではない。ほか新興国では回復の糸口がつかめないロシアを除けば、インド、南米などおおむね好調を維持している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。