【産業天気図・スーパー】低価格が常態化し前半は「雨」、後半はコスト削減効果で「曇り」改善へ

予想天気
10年4月~9月 10年10月~11年3月

スーパー業界の2010年4~9月は「雨」、10年10~11年3月は「曇り」になりそうだ。09年度にスーパー各社がこぞって行った値引きや低価格のプライベートブランド(PB)の大量投入で、客単価の低下が進んだ。10年度も低粗利商品が中心の薄利多売構造は続きそうだ。ただ、各社は残業時間の圧縮や仕入れ先の集約等で、経費削減により利益を確保できる状況へ向かいつつある。後半には業績悪化には歯止めがかかりそうだ。

09年度はイオン<8267>やセブン&アイ<3382>傘下のイトーヨーカ堂、ユニー<8270>など大手スーパーを中心に、数千品目に及ぶ値下げが広がり、低価格PBも拡大した。さらにディスカウント店への業態転換などもあり、低価格化が進む一方だった。今年に入り「価格だけで競争する時期ではない」(大手スーパー幹部)と方針を転換するスーパーも出始め、過剰な低価格競争は落ち着きを取り戻しつつあるが、値段の戻りは鈍く、単価上昇に伴う売り上げ回復には時間がかかりそうだ。

値上げが難しい環境下でも、抜本的な業績回復には売り上げ改善が不可欠だ。各社とも新商品の投入で、集客などによる増収策に取り組んでいる。

イオンでは、衣料品を中心にPB「トップバリュ」で新商品を投入している。同社の衣料品PBは、冬用の機能性肌着「ヒートファクト」など、前年の販売実績を大きく上回るヒット商品も出始めている分野だ。従来、イオンで衣料品を購入する比率の低かった20歳代の取り込みも狙い、3月に細身のスーツ「スリムフィット」を新たに投入。さらに夏用の機能性肌着「クーリッシュファクト」も前年の2.4倍となる600万枚の販売を目標に拡販する計画だ。イトーヨーカ堂でも、同様の機能性肌着「パワークール」を2月に早々投入、425万枚の販売を目指すという。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT