おへそはなぜ一生消えないか 人体の謎を解く 武村政春著

おへそはなぜ一生消えないか 人体の謎を解く 武村政春著

冒頭に興味深いエピソードが掲載されている。妻に先立たれたある男性が、泣きやまないわが子の口に、苦し紛れに自分の乳首を押し当てることを毎日繰り返していたら、やがて母乳が出るようになったというのだ。

男性の胸にも母乳を出す乳腺組織はわずかながら残っているため、この話は科学的には妥当だという。そして、男性にも乳首があるのは母親がいないときに母乳を出すためではなく、男性が「複製された女性」だからだと説く。この複製という考え方が、全編を貫く科学的キーワードとなっている。

本書は、医学博士である著者がユーモアをまじえながら、一見ふざけた疑問を、最先端科学を使い説いてみせる。

新潮新書 714円

  

関連記事
トピックボードAD
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 性暴力サバイバーの明日
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
大停電の北海道電力<br>情報開示を豪州に学べ

大地震をきっかけに、北海道全域で大規模停電が発生した。電力復旧は急ピッチだが、情報開示への消極姿勢は疑心暗鬼を招いた。2年前に大停電が起きた豪州の事例に学ぶ点が多い。