おへそはなぜ一生消えないか 人体の謎を解く 武村政春著

おへそはなぜ一生消えないか 人体の謎を解く 武村政春著

冒頭に興味深いエピソードが掲載されている。妻に先立たれたある男性が、泣きやまないわが子の口に、苦し紛れに自分の乳首を押し当てることを毎日繰り返していたら、やがて母乳が出るようになったというのだ。

男性の胸にも母乳を出す乳腺組織はわずかながら残っているため、この話は科学的には妥当だという。そして、男性にも乳首があるのは母親がいないときに母乳を出すためではなく、男性が「複製された女性」だからだと説く。この複製という考え方が、全編を貫く科学的キーワードとなっている。

本書は、医学博士である著者がユーモアをまじえながら、一見ふざけた疑問を、最先端科学を使い説いてみせる。

新潮新書 714円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT