おへそはなぜ一生消えないか 人体の謎を解く 武村政春著

おへそはなぜ一生消えないか 人体の謎を解く 武村政春著

冒頭に興味深いエピソードが掲載されている。妻に先立たれたある男性が、泣きやまないわが子の口に、苦し紛れに自分の乳首を押し当てることを毎日繰り返していたら、やがて母乳が出るようになったというのだ。

男性の胸にも母乳を出す乳腺組織はわずかながら残っているため、この話は科学的には妥当だという。そして、男性にも乳首があるのは母親がいないときに母乳を出すためではなく、男性が「複製された女性」だからだと説く。この複製という考え方が、全編を貫く科学的キーワードとなっている。

本書は、医学博士である著者がユーモアをまじえながら、一見ふざけた疑問を、最先端科学を使い説いてみせる。

新潮新書 714円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。