ヴェノナ J・E・ヘインズ、H・クレア著/中西輝政監訳

ヴェノナ J・E・ヘインズ、H・クレア著/中西輝政監訳

第2次大戦中、ソ連のドイツとの単独講和を恐れたアメリカは、当時絶対に解読不可能とされていたソ連の暗号を、ヴェノナ作戦によってひそかに解読した。

そこでアメリカ政府は驚愕した。同盟を結んでいたはずのソ連が、実は外交、軍事、技術に関するアメリカの機密を未曾有の規模で盗み出し、あたかも敵国であるかのような諜報攻勢をかけていたのである。極秘の原爆開発計画まで筒抜けになっていた。

意外なところでは、ブレトン・ウッズ協定で、戦後の国際通貨体制を築いた立役者のハリー・ホワイトも、ソ連のスパイであった。彼は日米開戦の最後通牒となった「ハル・ノート」の素案作成者でもある。当時、ドイツと対戦していたソ連の、日ソ開戦を極力回避し、日米開戦へと仕向ける工作は成功したのである。

本書は、暗号解読を悟られないよう1995年まで秘匿し続けたアメリカの苦悩と、歴史再評価を促す多くの事実を明らかにする。

PHP研究所 3360円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 内田衛の日々是投資
  • 「合法薬物依存」の深い闇
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。