ヴェノナ J・E・ヘインズ、H・クレア著/中西輝政監訳

ヴェノナ J・E・ヘインズ、H・クレア著/中西輝政監訳

第2次大戦中、ソ連のドイツとの単独講和を恐れたアメリカは、当時絶対に解読不可能とされていたソ連の暗号を、ヴェノナ作戦によってひそかに解読した。

そこでアメリカ政府は驚愕した。同盟を結んでいたはずのソ連が、実は外交、軍事、技術に関するアメリカの機密を未曾有の規模で盗み出し、あたかも敵国であるかのような諜報攻勢をかけていたのである。極秘の原爆開発計画まで筒抜けになっていた。

意外なところでは、ブレトン・ウッズ協定で、戦後の国際通貨体制を築いた立役者のハリー・ホワイトも、ソ連のスパイであった。彼は日米開戦の最後通牒となった「ハル・ノート」の素案作成者でもある。当時、ドイツと対戦していたソ連の、日ソ開戦を極力回避し、日米開戦へと仕向ける工作は成功したのである。

本書は、暗号解読を悟られないよう1995年まで秘匿し続けたアメリカの苦悩と、歴史再評価を促す多くの事実を明らかにする。

PHP研究所 3360円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT