W杯に群がる男たち 田崎健太著

W杯に群がる男たち 田崎健太著

ワールドカップまであと3カ月。国の威信を賭けたトーナメントの裏側で展開されるもう一つの熾烈な闘いがある。

総本山FIFAに君臨した会長のアベランジェ追い落としに、欧州復権をもくろむUEFAのヨハンソンは成功するが、後任には結局、アベランジェ子飼いのプラッターが納まった。

その顛末をはじめ合従と裏切りの人事抗争を縦軸、巨大化する市場争奪を画策する企業経営者の思惑を横軸に据えた興味津々のドキュメンタリー。日韓共催へ持ち込んだ韓国の資金力と政治力、そして策謀に振り回される組織の国・日本も詳細に描かれる。

そこにあるのはスポーツという名の利権ビジネスであり、各種サッカー大会を巧みに成立させることで入場料と急騰する放映権による巨額の収入を構造化させていくしたたかな世界である。オリンピック以上の巨額ビジネスとなったワールドカップを試合以外からも楽しむに好適だ。文庫化に際し大幅加筆された。(純)

新潮文庫 500円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。