LEON7月号、製作現場に密着!

<動画>初のTシャツ特集はどのように作られる??

『LEON』(主婦と生活社)は30~50代のエグゼクティブを読者層とする、高級実用誌。2001年9月創刊から、そのコンセプトは変わっていない。

そのLEONが7月号(5月24日発売)で新しい一歩を踏み出した。カジュアルな普段着として捉えられているTシャツをエレガントに着こなす特集に挑んだのだ。この企画を担当したのが入社9年目の鈴木賢二さん。「LEONがやる以上は、どこかにオヤジらしいエレガントな着こなしがなければダメだと思う」。そう意気込んで特集全体のコンテを作るものの、当初は大苦戦。編集長との打ち合わせ(そしてダメ出し)の回数は、いつもより多くなった。

何度もコンテを書き直しながら、悩みに悩む鈴木さん。モデル撮影まで1週間というタイミングでも、突破口を見いだせずにいた。30ページを超える特集を手掛ける以上、方向が決まらなければ、撮影に入ることもできない。果たして突破口を見つけることはできるのだろうか・・・・。緊張感が漂う制作現場に密着した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 30歳とお金のリアル
  • グローバルアイ
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
不動産バブル崩壊前夜<br>あなたの街は大丈夫?

日増しに強まる「不動産価格は高すぎる」の声。融資姿勢の厳格化など、バブルは崩壊前夜の様相を呈している。投資市場と居住用実需の現場に迫るほか、首都圏主要駅別に2025年の地価を予測、下落率を一覧にした。