こんな日弁連に誰がした? 小林正啓著

こんな日弁連に誰がした? 小林正啓著

日弁連は日本のすべての弁護士が加入する業界団体で、人権や法律に関する意見を表明する公益団体でもある。

自らが弁護士である著者は、日弁連は衰退の一途をたどっていると言う。悲願だった「法曹一元」と引き換えに、司法改革による弁護士の大増員を決めた日弁連。

しかし、法曹一元は骨抜きにされ、残ったのは仕事のない弁護士だけ。裁判という市場が縮小していくなかで、司法書士や行政書士と仕事を奪い合っているのが現状だ。それはひとえに日弁連の政治力のなさが原因だと説く。

世代間で分裂しかねない日弁連は、何を間違ったのか。戦後司法史をひもときながら、未来における日本の司法や弁護士のあり方を問う。

平凡社新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • コロナショックの大波紋
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。