こんな日弁連に誰がした? 小林正啓著

こんな日弁連に誰がした? 小林正啓著

日弁連は日本のすべての弁護士が加入する業界団体で、人権や法律に関する意見を表明する公益団体でもある。

自らが弁護士である著者は、日弁連は衰退の一途をたどっていると言う。悲願だった「法曹一元」と引き換えに、司法改革による弁護士の大増員を決めた日弁連。

しかし、法曹一元は骨抜きにされ、残ったのは仕事のない弁護士だけ。裁判という市場が縮小していくなかで、司法書士や行政書士と仕事を奪い合っているのが現状だ。それはひとえに日弁連の政治力のなさが原因だと説く。

世代間で分裂しかねない日弁連は、何を間違ったのか。戦後司法史をひもときながら、未来における日本の司法や弁護士のあり方を問う。

平凡社新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 中原圭介の未来予想図
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。