こんな日弁連に誰がした? 小林正啓著

こんな日弁連に誰がした? 小林正啓著

日弁連は日本のすべての弁護士が加入する業界団体で、人権や法律に関する意見を表明する公益団体でもある。

自らが弁護士である著者は、日弁連は衰退の一途をたどっていると言う。悲願だった「法曹一元」と引き換えに、司法改革による弁護士の大増員を決めた日弁連。

しかし、法曹一元は骨抜きにされ、残ったのは仕事のない弁護士だけ。裁判という市場が縮小していくなかで、司法書士や行政書士と仕事を奪い合っているのが現状だ。それはひとえに日弁連の政治力のなさが原因だと説く。

世代間で分裂しかねない日弁連は、何を間違ったのか。戦後司法史をひもときながら、未来における日本の司法や弁護士のあり方を問う。

平凡社新書 798円

  

関連記事
トピックボードAD
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • 家族会議のすすめ
  • 女性の美学
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
銀行 破壊と再生

リテール部門が苦境に陥るメガバンク。偽りの優等生・スルガ銀行では不正が蔓延。金融庁新長官曰く「ビジネスモデルを変えていく自主性が感じられない」。変革へのラストチャンス。