【産業天気図・医薬品】米国で特許失効、国内は薬価引き上げの内憂外患。業績悪化は不可避で「雨」

拡大
縮小

予想天気
10年4月~9月 10年10月~11年3月

医薬品業界は2010年4月から11年3月まで、終始「雨」の厳しい展望となりそうだ。製薬企業は軒並み、主力薬の特許失効が米国で相次ぐ「2010年問題」と、国内での薬価大幅引き下げに挟撃されるという「内憂外患」の苦境だ。

2010年問題が直撃するのは、武田薬品工業<4502>やエーザイ<4523>、アステラス製薬<4503>などの大手企業だ。武田は09年11月に米国で抗潰瘍薬プレバシッドの特許が切れたほか、11年1月には最主力薬アクトスの特許が失効する。アクトスは09年3月期に米州で3000億円を上回る売上高があるだけに、特許切れとジェネリック医薬品(後発医薬品)参入が重なった場合、売り上げ激減に見舞われる可能性が高い。

また、エーザイは09年3月期に米国で1900億円近い売り上げのあったアルツハイマー型認知症治療薬アリセプトの特許が10年11月に切れる。エーザイはアリセプトの高容量徐放性製剤の承認申請を行っており、10年7月までの承認取得をめざす。ただ、従来製剤の特許切れによる売り上げ激減は不可避であり、同社は11年度のアリセプトの売り上げ(徐放性製剤などを含む)が09年度の約半分に落ち込むと想定している。売り上げ激減は米国におけるほかの新薬発売や日本や中国の拡大でカバーできると同社は見ているが、現実には容易ではない。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT