グーグルvs.アップル、覇権争いがヒートアップ

グーグルvs.アップル、覇権争いがヒートアップ

米ハイテク業界の雄、アップルとグーグルの競り合いが激化している。

アップルは3月2日、グーグルの携帯電話「ネクサス・ワン」の端末などを開発する台湾HTCを特許権侵害で提訴。複数機種で「iPhone」のインターフェース関連特許20件を侵害しているとして、米国への輸入禁止などを求めている。

HTCは1月に発売したネクサス・ワンのほか、グーグルの携帯用OS「アンドロイド」搭載端末なども開発・製造している。今回の訴状にはグーグルOS搭載機が多く含まれていることもあって“挑戦状”と見る向きも出ている。

シリコンバレーでも「ご近所同士」の両社。2006年にはグーグルのエリック・シュミットCEOがアップルの役員に就任するなど、長らく友好関係を構築してきた。しかし近年は、その関係に異変が起きている。

風向きが変わり始めたのは、アンドロイドを発表した07年11月。その5カ月前にiPhoneを発売しており、ライバルとして意識するようになった。

グーグルはその後も独自のブラウザや携帯電話などを次々と投入。昨年8月にはシュミット氏がアップルの役員を辞任した。この時、スティーブ・ジョブズCEOは「グーグルがよりアップルのコア事業領域へ進出してきている以上、利害の衝突が生じかねないと2人で合意した」と説明している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。