グーグルvs.アップル、覇権争いがヒートアップ

グーグルvs.アップル、覇権争いがヒートアップ

米ハイテク業界の雄、アップルとグーグルの競り合いが激化している。

アップルは3月2日、グーグルの携帯電話「ネクサス・ワン」の端末などを開発する台湾HTCを特許権侵害で提訴。複数機種で「iPhone」のインターフェース関連特許20件を侵害しているとして、米国への輸入禁止などを求めている。

HTCは1月に発売したネクサス・ワンのほか、グーグルの携帯用OS「アンドロイド」搭載端末なども開発・製造している。今回の訴状にはグーグルOS搭載機が多く含まれていることもあって“挑戦状”と見る向きも出ている。

シリコンバレーでも「ご近所同士」の両社。2006年にはグーグルのエリック・シュミットCEOがアップルの役員に就任するなど、長らく友好関係を構築してきた。しかし近年は、その関係に異変が起きている。

風向きが変わり始めたのは、アンドロイドを発表した07年11月。その5カ月前にiPhoneを発売しており、ライバルとして意識するようになった。

グーグルはその後も独自のブラウザや携帯電話などを次々と投入。昨年8月にはシュミット氏がアップルの役員を辞任した。この時、スティーブ・ジョブズCEOは「グーグルがよりアップルのコア事業領域へ進出してきている以上、利害の衝突が生じかねないと2人で合意した」と説明している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。