KDDIのJCOM「買収」、大胆な経営判断が裏目に


 「6割ものプレミアムを実際の事業で取り戻すのは至難の業だろう。過半ならまだしも、3割ちょっとの出資ではなおさらだ。アクセス回線を使いたいと要求したところで、JCOMから拒否されたらどうするつもりなのか」(大手証券会社のM&A担当幹部)。

市場でも冷めた見方が多く、破格の買収が発表された翌日、KDDIの株価は上昇するどころか急落。わずか1日で時価総額の約1割が吹き飛んだ。

打倒NTTを掲げ、大型買収に打って出たKDDI。結果的に、「法律順守」と「契約履行」の板挟みに陥った。取得予定時期としていた2月中旬を迎え、事態打開のすべは見えてこない。過半数に満たない株式取得のために多大なリスクを抱え込み、巨費を投じることを「是」とした経営判断は正しかったのか。その妥当性が問われている。

■KDDIの業績予想、会社概要はこちら


(桑原幸作、渡辺清治、中島順一郎 =週刊東洋経済10年2月20日号)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT