「ティモンディ高岸」が私たちの心をつかむワケ

明石家さんまに話をふられてもスキップ

ティモンディは1992年生まれの高岸宏行(右)と前田裕太の2人によって、2015年に結成された(写真:事務所の公式HPより)
誰も傷つけない笑い──。近年、属性や容姿、来歴などを笑いの対象としないネタやトークが評価される流れがある。2019年のM-1グランプリは大きな盛り上がりをもって終わったが、3位に輝いたぺこぱの“ノリツッコまない”笑いのとり方が、“誰も傷つけない笑い”の象徴として取り上げられもしてきた。そんな中、時代の申し子のように登場してきたのが、お笑い第7世代の一角、ティモンディである。

東日本大震災をきっかけにコンビ結成

ともに1992年生まれの高岸宏行と前田裕太の2人によって、2015年に結成されたお笑いコンビ、ティモンディ。いずれも甲子園の常連である済美高校の野球部出身で、甲子園出場まであと一歩の戦績を残している。

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

とくにピッチャーを務めていた高岸はプロ球団のスカウトを受けたり、独立リーグから誘われるなど、その身体能力の高さは折り紙付きだ。ボールを投げれば、現在でも時速150kmをマークする。その運動能力を活かし、バラエティー番組ではスポーツ系の企画に数多く呼ばれ、活躍している。

一方の前田は、高校卒業後は大学の法学部に進学。その後は大学院に進学するなど知的な面もあわせ持っている。コンビのネタを作っているのも彼だ。

そんなティモンディだが、中でも目立つのはやはり高岸のほうだろう。衣装が全身オレンジなのは、ビタミンカラーは見る人を元気にするという理由から。自宅もカーテン、ベッドなどオレンジ一色だ。オレンジ色のクローゼットにはオレンジ色の服がずらりと並ぶ。

高岸の持ち味はその満面の笑顔と、ポジティブで前向きな言葉だ。彼は豪語する。自分の夢はみんなに勇気を与えること。自分の役目はみんなの夢を鼓舞すること。そんな彼に対し、くりぃむしちゅーの上田晋也はツッコんだ。

「お前、アンパンマンか」(『くりぃむナンチャラ』テレビ朝日系、2019年12月20日)

なるほど、オレンジの衣装や丸い頬も相まって、「勇気」や「夢」や「元気」といったポジティブワードを連呼する彼は、さながら実写版アンパンマンのようだ。

そんな彼らが芸人としてコンビを組んだのは、2011年の東日本大震災がきっかけだったという。大学に進学し野球を続けていた高岸は、3年時に負った故障によりプロ野球入りを断念していた。そんなとき、街で偶然出会った前田に芸人への道を誘ったという。彼らは当時を振り返って語る。

次ページサンドウィッチマンの活動を見て、一瞬で決断
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT