Appleと対立しても「フォートナイト」余裕な訳

この争いは「YouTuberの事務所脱退」と似ている

Apple、Googleと徹底抗戦の姿勢を見せるEpic Games(写真:『フォートナイト』YouTube公式アカウントより)

8月7日にバーチャルライブ「米津玄師スペシャルイベント」が開催されたことでも話題になったEpic Gamesによる人気ゲーム『フォートナイト』。今、ユーザーたちはこのゲームの新シーズンがプレイできなくなるかもしれない瀬戸際に立たされている。

8月14日にプラットフォーマーであるAppleが、ガイドライン違反を理由にApp Storeから同ゲームを削除したのだ。iOSユーザーはインストール済みであればそのままプレイできるが、新規インストールやアップデートできず、新シーズンのコンテンツやバトルパスを取得・購入できない。

その後、Android版フォートナイトもGoogle Playから削除されているが、Android版はEpic Gamesのサイトからダウンロード可能。なぜこのような事態が起きているのか。

争点は「30%の手数料」

調査会社ニールセンのゲーム調査部門によると、フォートナイトは2019年ビデオゲーム史上最高の18億ドル(約2000億円)の売り上げを記録している。登録プレイヤー数は3億5000万人を突破しており、アクティブプレーヤー数は約1億2500万人に上る人気ゲームだ。ゲーム自体は無料だが、シーズンごとのバトルパスやキャラクターの外観を変更できるスキンなどは有料で販売している。

フォートナイトでは、これまでゲーム内通貨を購入する際、App Storeでの販売手数料・決済費としてAppleが30%を取る仕組みとなっていた。

ところが8月13日、Epic Gamesはフォートナイトをアップデートし新しい支払い方法を導入。App Store経由の場合は通常どおりの価格だが、Epic Gamesから直接購入する場合は20%安くなる。もちろん直接購入の場合、Appleは手数料を得られない。このアップデートがガイドライン違反に当たるとして、App Storeから締め出されたというわけだ。

Epic Gamesはその直後、Appleに対して挑発的な動画も公開している。この動画は、Appleが1984年にIBMが独占的立場を占めていたコンピュータ業界に参加したときのCMになぞらえたものだ(元ネタはもちろんディストピアSF小説『1984』)。

Appleの独占的立場を揶揄する動画(写真:『フォートナイト』公式サイトより)

今回の動画では、逆にEpic GamesがAppleに挑む内容となっており、「Epic GamesはApp Storeの独占に挑戦した。Appleは報復として10億ものデバイスにインストールされているFortniteをApp Storeから排除した。2020年が『1984年』になるのをストップさせる戦いに参加しよう。#FreeFortnite」というメッセージが流れる。

次ページプラットフォーマーの手数料は高すぎる?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 雨宮塔子から見える景色
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT