幻の日産「MID4」を操った男の忘れられない記憶

市販化とはならなかったが技術は受け継がれた

幻のクルマ日産「MID4」をご存知ですか?(イラスト:LEON編集部)
90年代、日産が掲げていた、「1990年代に世界一の走り実現する」という壮大なプロジェクトの中で開発された1台が「MID4」。モーターショーで大いに話題になった、幻のクルマ「MID4」とは?

「幻の日産MID4」は怖かった!?

「日産MID4」……そこそこのお歳のクルマ好きなら、覚えているかと思う。1985年のフランクフルトと東京モーターショーにコンセプトカーとして出展され、大きな話題を呼んだ。

本記事はLEON.JPの提供記事です

80年代後半は好景気の最中、記憶に残るクルマが世に送り出されたが、「幻」に終わったクルマもあった。そんな中で僕の記憶にもっとも強く残る「幻の1台」が日産MID4。

MID4は、その名の示すとおり、コクピットの背後に3ℓ・V6を積み、センターデフにビスカスカップリングを組み合わせたフルタイム4WDのスポーツカー。

MID4には、タイプⅠとタイプⅡがあったが、まずはタイプⅠから話を進めてゆこう。

タイプⅠ……僕には古典的に見えたし、強く惹かれるものもなかった。が、東京モーターショーでは大人気だった。日本からスーパースポーツカーが誕生するかもしれない……そんなワクワクした期待感の表れだろう。

スリーサイズは4150 ×1770×1200mm。全高が1200mmと低いのはさすがだが、1770mmの全幅には??マークが付いた。

タイプⅠの時点では、将来販売しようという意図はなかった。当時、日産は「901活動」なるものを行っており、いわばその意図/目的を集約して示すのがMID4の役割だった。

「901活動」は、以前にもご紹介したことがあるが、「1990年代に世界一の走り実現する」という壮大なプロジェクト。僕も参加したが、多くの、それも宝物級の思い出がある。

中でも、R32型スカイラインGT-Rは「超意欲作!」だった。その「動質」は日本の常識だけではなく、世界の常識をも覆すもので、旋回性能も高速安定性も異次元レベルだった。

次ページ超一流のタイムに「恐るべき!」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。