米国株続落、ナスダックは4000割れ

週間では2012年6月以来の大幅下落

4月11日、米国株式市場は値動きの荒い展開の末、続落して終了した。写真はニューヨーク証券取引所のトレーダーら(2014年 ロイター/Brendan McDermid)

[ニューヨーク 11日 ロイター] -11日の米国株式市場は値動きの荒い展開の末、続落して終了した。なかでもナスダック総合指数<.IXIC>は今年2月上旬以来初めて4000を割り込んで取引を終えた。

きょうは終盤になって売りが加速、バイオテク株やその他モメンタム株がナスダック指数を大幅に押し下げた。JPモルガン決算への失望感から、銀行株の一角も売られた。

終値は、ダウ工業株30種<.DJI>が143.47ドル(0.89%)安の1万6026.75ドル。

ナスダック総合指数<.IXIC>が54.38ポイント(1.34%)安の3999.73。

S&P総合500種<.SPX>が17.39ポイント(0.95%)安の1815.69。

ナスダック総合指数は2月上旬以来初めて4000を割り込んで終了。これまで人気のあった銘柄の多くが、数週間前につけた過去最高値圏を大幅に下回っている。

また週足では、S&P総合500種が2.6%下落、ナスダック総合指数は3.1%下落した。両指数ともに、週間ベースでは、2012年6月以来の大幅な下落となった。

JPモルガン・チェースは3.7%安。11日発表した第1・四半期決算は、トレーディング収入の減少が響き利益が市場予想を下回るなどさえない内容だった。

S&P金融株指数<.SPSY>は1.2%下落。S&P500では業種別で最大の下げ。

ナスダック・バイオテクノロジー株指数<.NBI>は2.8%安。フェイスブックやリンクトインを含むグローバル・X・ソーシャル・メディア・インデックスは2.3%下げた。フェイスブックは1.1%安、インクトインは2.5%安。

半面、第1・四半期が14%増益だったウェルズ・ファーゴは0.8%高。

BATSグローバル・マーケッツによると、ニューヨーク証券取引所、ナスダック、NYSE MKTの3市場の出来高は約73億株と、今月平均の69億株を上回った。

(カッコ内は前営業日比)

 

ダウ工業株30種(ドル)<.DJI>

終値         16026.75(‐143.47)

前営業日終値    16170.22(‐266.96)

ナスダック総合<.IXIC>

終値         3999.73(‐ 54.38)

前営業日終値    4054.11(‐129.79)

S&P総合500種<.SPX>

終値         1815.69(‐ 17.39)

前営業日終値    1833.08(‐ 39.10)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT