住宅設備業界に異変! 需要開拓の新方程式


 一方で、リフォーム需要を獲得するには、キッチンやトイレ、サッシといった単独製品で強みを持つ以上に、住設メーカーとしての総合力が問われる。「キッチンのトップブランドをグループに入れることで、水回りでは国内最強となる。製販の協業、ひいてはリフォームの強化につなげたい」(杉野社長)。

今回の株式交換に住生活が充当する自己株は約832万株。その後も同社の手元には2500万株の金庫株が残る。「業界の再編はますます起こる。積極的にかかわっていきたい」と杉野社長は意欲を示す。主戦場となるリフォーム市場で総合力の強みをどれだけ発揮できるかが、今後試される。

■住生活グループの業績予想、会社概要はこちら


■サンウエーブ工業の業績予想、会社概要はこちら

(猪澤顕明 =週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
鉄鋼不況の常態化は必至<br>迫られる国内リストラ

日本製鉄をはじめ、JFE、神戸製鋼所の鉄鋼3社は、強烈な不況に苦しんでいます。主力の鉄鋼事業の利益が急減し、逆風は一時的とは思えません。買収を含めた海外での拡大、国内拠点のリストラなど、生き残り策の深層をリポートします。