1月米輸出物価は上昇

世界需要や国内製造業に前向きな兆し

2月14日、1月の米輸出物価は0.2%上昇、変わらずとしていた市場予想を上回り、3カ月連続で上がった。写真はロサンゼルス港で2012年5月撮影(2014年 ロイター/David McNew)

[ワシントン 14日 ロイター] -米労働省が14日発表した1月の輸出物価は0.2%上昇、変わらずとしていた市場予想を上回り、3カ月連続で上がった。世界経済需要や国内製造業の見通しに前向きな兆しとなった可能性がある。

輸入物価は前月比で0.1%上昇、0.1%低下を見込んでいた市場予想に反して上がった。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT