35歳引きこもり連れ去った「支援団体」の問題点

激しい恐怖のために「五感がなくなった」

原告の女性(写真:2019年10月1日、有馬知子撮影、東京都)
引きこもりの「自立支援」を掲げた団体に無理やり連れ去られ、3日間にわたり施設に監禁されたとして、千葉県内に住む女性(35歳)が、慰謝料など550万円を求める訴訟を起こした。
女性は10月1日、東京地裁で開かれた第1回口頭弁論後に記者会見し、恐怖のあまり食べ物も水も取れなくなった状態で3日間閉じ込められた後、衰弱して救急搬送されたと説明。「拉致によって心的外傷後ストレス障害(PTSD)やうつ状態を発症した」とも訴えた。
(ジャーナリスト・有馬知子)

恐怖で頭が真っ白に

被告は、「あけぼのばし自立研修センター」を運営するクリアアンサー社(東京・新宿)。

訴状によると2017年10月3日の朝、女性の部屋に見知らぬ男女4、5人が突然入ってきて、施設に入所するよう求めた。女性が拒否し続けると午後5時ごろ、男性3人が女性を羽交い絞めにして車に押し込め、同センターへ連れていった。女性は部屋着のまま、下着もつけない状態だったという。

施設では、外から鍵のかかる部屋に、24時間監視付きで閉じ込められた。女性は、職員の隙をついて窓を開けようとしたが、20センチくらいしか開かないようロックがかかっていたという。当時について「全身震えが止まらず、怖くて頭が真っ白になった」と語った。

女性は恐怖で水も食事も喉を通らず、3日目に入ると「五感がなくなってきた」。だが職員は、様子を見に訪れた母親(65歳)と「顔色もいいから大丈夫じゃない」などと、笑って話していたという。その後、意識を失って救急搬送され、ICUで治療を受けた。

当記事は弁護士ドットコムニュース(運営:弁護士ドットコム)の提供記事です

女性はこの頃、母親から暴言や心理的虐待を受け、引きこもり状態になっていた。同社と契約し、連れ去りに同意したことで「精神的な苦痛を受けた」として、母親も被告に加えている。

同社は提訴について「裁判にて明らかにしていくべき内容だと考えています」としている。

次ページ「暴力」や「連れ去り被害」も
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。