アイカーン氏、アップルの対応を評価

140億ドル規模で自社株買い実施済み

2月10日、米著名投資家のカール・アイカーン氏は、これ以上アップルに対し自社株を買い入れるよう主張する必要はなくなったとの見解を示した。ニューヨーク証券取引所で2007年6月撮影(2014年 ロイター/Chip East/Files)

[10日 ロイター] -米著名投資家のカール・アイカーン氏は10日、米アップルが自社株買いを実施したことを受け、これ以上同社に対し自社株を買い入れるよう主張する必要はなくなったとの見解を示した。

アイカーン氏はアップルの株主に宛てた書簡を自身のウェブサイトに掲載。そのなかで、自社株買いに対しアップルのクック最高経営責任者(CEO)と同社の取締役会は「機をとらえ」、「積極的な」アプローチを示したと評価した。

アップルは前週、第1・四半期(2013年10─12月期)決算発表から2週間の間に140億ドル規模の自社株買いを実施したことを明らかにした。

プロキシー・アドバイザリーのISSは前日、アップルの株主に対し、アイカーン氏の自社株買いの提案に賛成しないよう推奨している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT