アイカーン氏、アップルの対応を評価

140億ドル規模で自社株買い実施済み

2月10日、米著名投資家のカール・アイカーン氏は、これ以上アップルに対し自社株を買い入れるよう主張する必要はなくなったとの見解を示した。ニューヨーク証券取引所で2007年6月撮影(2014年 ロイター/Chip East/Files)

[10日 ロイター] -米著名投資家のカール・アイカーン氏は10日、米アップルが自社株買いを実施したことを受け、これ以上同社に対し自社株を買い入れるよう主張する必要はなくなったとの見解を示した。

アイカーン氏はアップルの株主に宛てた書簡を自身のウェブサイトに掲載。そのなかで、自社株買いに対しアップルのクック最高経営責任者(CEO)と同社の取締役会は「機をとらえ」、「積極的な」アプローチを示したと評価した。

アップルは前週、第1・四半期(2013年10─12月期)決算発表から2週間の間に140億ドル規模の自社株買いを実施したことを明らかにした。

プロキシー・アドバイザリーのISSは前日、アップルの株主に対し、アイカーン氏の自社株買いの提案に賛成しないよう推奨している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT