アイカーン氏、アップルの対応を評価

140億ドル規模で自社株買い実施済み

2月10日、米著名投資家のカール・アイカーン氏は、これ以上アップルに対し自社株を買い入れるよう主張する必要はなくなったとの見解を示した。ニューヨーク証券取引所で2007年6月撮影(2014年 ロイター/Chip East/Files)

[10日 ロイター] -米著名投資家のカール・アイカーン氏は10日、米アップルが自社株買いを実施したことを受け、これ以上同社に対し自社株を買い入れるよう主張する必要はなくなったとの見解を示した。

アイカーン氏はアップルの株主に宛てた書簡を自身のウェブサイトに掲載。そのなかで、自社株買いに対しアップルのクック最高経営責任者(CEO)と同社の取締役会は「機をとらえ」、「積極的な」アプローチを示したと評価した。

アップルは前週、第1・四半期(2013年10─12月期)決算発表から2週間の間に140億ドル規模の自社株買いを実施したことを明らかにした。

プロキシー・アドバイザリーのISSは前日、アップルの株主に対し、アイカーン氏の自社株買いの提案に賛成しないよう推奨している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 本当は怖い住宅購入
  • 財新
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
外食 頂上決戦<br>勝ち組・負け組を徹底解明!

頭打ちの市場で激戦が続く外食チェーン。浮き沈みの激しい市場での新しいスター銘柄を、増収・増益率や優待魅力度などのランキングで紹介。マクドナルド、ケンタッキーなどブランド再生の仕掛けや、負け組の再起策も。