鈴木奈々の人気を脅かし始めた新鋭4人の実力

元AKB・SKE、元なでしこ狙う「女王の椅子」

なぜ彼女たちはここまでバラエティに特化するのか? それは、バラエティの制作者にそのような人材が求められているからです。

体を張ったヨゴレ仕事を引き受けるのは、かつては女性芸人の役割でした。しかし、最近では女性を取り巻く社会の状況が変わり、女性芸人を単純にブス扱いするようなことが許されなくなってきています。いかにもヨゴレ仕事を引き受けそうな女性芸人にそれをやらせるのは「かわいそうだ」と感じる人が今までよりも増えているのです。

そんな状況だからこそ、モデルであるにもかかわらず、バラエティで全力を出して暴れてくれる鈴木奈々さんのような人が必要とされています。ここで重要なのは、そのモデルやアイドルが頑張る姿から痛々しさが漂わない、ということです。本人がバラエティの世界に対して敬意を持っていて、そこに全力でぶつかっているのが伝わってくるからこそ、視聴者は安心して笑うことができるのです。

高まる「アンチ鈴木奈々」の声

「ポスト鈴木奈々」と言える存在が続々と現れたことで、鈴木さんもうかうかしていられなくなりました。鈴木さんは、4月にプロ野球の始球式でモタモタして試合開始を遅らせたことで、多くの人からバッシングされてしまいました。5月には『週刊女性』の「嫌いな女性芸能人ランキング」で和田アキ子さんに次ぐ2位にランクインしていました。じわじわと「アンチ鈴木奈々」の声が高まってきているのです。

とはいえ、ここまでたたかれるのはそれだけ有名である証拠です。まだまだ鈴木さんの知名度や人気が圧倒的に高いからこそ、逆風も目に付きやすいのだと思います。新たにバラエティの女王として君臨するのは誰なのか。戦いはまだ始まったばかりです。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 就職四季報プラスワン
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。