アンドロイド端末の出荷台数、10億台突破へ

米ガートナー社調査、2014年も新興国が牽引

1月7日、調査会社ガートナーは、米グーグルのOS「アンドロイド」を搭載したスマートフォンやタブレット型端末の出荷台数が、今年10億台の大台を突破するとの見通しを示した。写真はトロントにあるグーグルのオフィスで2012年11月撮影(2014年 ロイター/Mark Blinch)

[ロンドン 7日 ロイター] -米ハイテク調査会社ガートナーは7日、米インターネット検索大手グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載したスマートフォン(多機能携帯電話)やタブレット型端末の出荷台数が、今年10億台の大台を突破するとの見通しを示した。

サムスン電子<005930.KS>や台湾のスマートフォン大手、宏達国際電子(HTC)<2498.TW>、ソニー<6758.T>など多くのメーカーがOSにアンドロイドを採用している。新興市場での旺盛な需要から、2014年の出荷台数は前年比26%増の11億台に達する見込み。

また、今年米アップルの「iOS」や「Mac(マック)OS」が新たに搭載されるスマホやタブレットなどは3億4400万台となる見通しで、2013年と比べて28%増となる。

パソコン分野で圧倒的なシェアを持つマイクロソフトのOS「ウィンドウズ」は、搭載端末が3億6000万台と、2013年の3億2800万台と比べて増加する見込み。

タブレット型端末の今年の販売台数は47%増の2億6300万台と予想されている。タブレット型端末に人気を奪われ、パソコンの販売は伸び悩んでいる。

ガートナーによると、全てのジャンルの端末を合わせた今年の世界全体での出荷台数は前年比7.6%増の24億8000万台となる見込み。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 御社のオタクを紹介してください
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。