不動産投資先ランキング、ロンドンが首位に

ニューヨークから首位を奪う

1月6日、米不動産外国人投資家協会が発表した年次調査によると、世界の不動産投資家が今年選好する投資先ランキングで、ロンドンが昨年首位の米ニューヨークを抜いてトップとなった。ロンドンで先月撮影(2014年 ロイター/Toby Melville)

[6日 ロイター] -米不動産外国人投資家協会(AFIRE)が6日発表した年次調査によると、世界の不動産投資家が今年選好する投資先ランキングで、ロンドンが昨年首位の米ニューヨークを抜いてトップとなった。

3位は米サンフランシスコ、4位米ヒューストン、5位米ロサンゼルスと続いた。

米国は国として最も「安定的かつ安全な」投資先の座を守り、2位のドイツに50%ポイント強の差を付けた。この差は2006年以来の大きさ。

米国はまた、値上がりが最も期待される国の座を維持したほか、不動産買収計画部門でも首位となった。この中で、回答者の約50%が米ポートフォリオを緩やかに拡大するとし、20%が大幅に拡大するとの見通しを示した。

AFIREのスティーブン・ハソン会長は「外国人投資家が米不動産市場への関心を維持し、高めていることは、投資機会を提供する資本市場が完全に機能していることを反映している」と述べた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。