三菱自「エクリプス クロス」、発売1年の通信簿

今後の焦点はプラグインハイブリッド化

三菱自動車は昨年12月、クロスオーバーSUV「エクリプス クロス」を一部改良して発売した(写真:三菱自動車)

三菱自動車のコンパクトSUV(スポーツ多目的車)「エクリプス クロス」。2018年3月の発売から1年余りが経過した。

エクリプス クロスは、ミッドサイズSUVと位置付けられる同社のアウトランダーのプラットフォームを活用し、3列シートは考えずクーペのような外観を持つひと回り小ぶりなSUVとして新たに開発された。

海外は欧州向けが好調

実は、エクリプス クロスは日本での発売を前に、欧州、豪州、ニュージーランド、アセアン地域、そして北米へ出荷されており、日本への導入はそれらから遅れてのことであった。とはいえ、国内に向けては2017年12月から予約注文を受け付けており、昨年2月段階で約5000台の予約注文を得ていた。

当初の殺到が一段落して以降の販売動向は、平均すると700台前後という月販台数で推移して2018年度(2017年3月~2018年3月)を締め括った。日本自動車販売協会連合会の乗用車ブランド通称名別順位の昨年1~12月の統計(暦年)では、年間1万1592台を販売し、44位に位置付けられてベスト50位以内に入っている。この実績は、同社のデリカD:5の42位と、アウトランダーの46位のちょうど真ん中であり、同社が主力とするSUVの一翼を担う人気を集めたということができる。

ちなみに海外においては、2018年度で国内の8.8倍強となる6万4000台以上が販売され、中でも欧州向けで全体の40%以上を占めるなど人気が高い。また、大型のクルマが好まれる北米がそれに続く市場(約23%)となっている。別の側面では、その他の地域として統計が集約されるなかの南米(ブラジルで約1000台)や中東(エジプトで約2000台)でも人気があり、三菱自の4輪駆動技術への評価も加わっているのではないかと想像される。

世界的なコンパクトSUV人気の波にエクリプス クロスも乗ったかたちで、競合他社のSUVのように爆発的という数値ではないかもしれないが、着実な一歩を踏み出したといえるだろう。

では、エクリプス クロスとは、どのようなコンパクトSUVなのか。

次ページクルマの特徴や乗り心地は?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ルポ「ホームレス」
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。