三菱自「エクリプス クロス」、発売1年の通信簿

今後の焦点はプラグインハイブリッド化

三菱自動車は昨年12月、クロスオーバーSUV「エクリプス クロス」を一部改良して発売した(写真:三菱自動車)

三菱自動車のコンパクトSUV(スポーツ多目的車)「エクリプス クロス」。2018年3月の発売から1年余りが経過した。

エクリプス クロスは、ミッドサイズSUVと位置付けられる同社のアウトランダーのプラットフォームを活用し、3列シートは考えずクーペのような外観を持つひと回り小ぶりなSUVとして新たに開発された。

海外は欧州向けが好調

実は、エクリプス クロスは日本での発売を前に、欧州、豪州、ニュージーランド、アセアン地域、そして北米へ出荷されており、日本への導入はそれらから遅れてのことであった。とはいえ、国内に向けては2017年12月から予約注文を受け付けており、昨年2月段階で約5000台の予約注文を得ていた。

当初の殺到が一段落して以降の販売動向は、平均すると700台前後という月販台数で推移して2018年度(2017年3月~2018年3月)を締め括った。日本自動車販売協会連合会の乗用車ブランド通称名別順位の昨年1~12月の統計(暦年)では、年間1万1592台を販売し、44位に位置付けられてベスト50位以内に入っている。この実績は、同社のデリカD:5の42位と、アウトランダーの46位のちょうど真ん中であり、同社が主力とするSUVの一翼を担う人気を集めたということができる。

ちなみに海外においては、2018年度で国内の8.8倍強となる6万4000台以上が販売され、中でも欧州向けで全体の40%以上を占めるなど人気が高い。また、大型のクルマが好まれる北米がそれに続く市場(約23%)となっている。別の側面では、その他の地域として統計が集約されるなかの南米(ブラジルで約1000台)や中東(エジプトで約2000台)でも人気があり、三菱自の4輪駆動技術への評価も加わっているのではないかと想像される。

世界的なコンパクトSUV人気の波にエクリプス クロスも乗ったかたちで、競合他社のSUVのように爆発的という数値ではないかもしれないが、着実な一歩を踏み出したといえるだろう。

では、エクリプス クロスとは、どのようなコンパクトSUVなのか。

次ページクルマの特徴や乗り心地は?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT