若者はなぜ殺すのか アキハバラ事件が語るもの 芹沢俊介著

若者はなぜ殺すのか アキハバラ事件が語るもの 芹沢俊介著

「誰でもよかった」。これは無差別殺傷という行為に走った青年たちが、事後に共通して発した言葉だ。この「誰でもよかった」という投げやりな心性はどこから来るのか。

若者が引き起こす事件を見つめ続けてきた著者は、今年6月東京・秋葉原で7人を殺害した青年が事件前に携帯電話サイトに書き込んだ「人間関わりすぎると怨恨で殺すし、孤独だと無差別に殺すし、難しいね。『誰でもよかった』。なんかわかる気がする」という一文に着目し、無差別殺傷行為に走る若者が根本に抱く「孤独」の本質を洞察。自暴自棄な態度に浮かぶ自己崩壊状態、一般化する自傷行為。救いはいったいどこにあるのか、若者の心の内に及ぶ現代社会の病理を論じる。

小学館101新書 756円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。