若者はなぜ殺すのか アキハバラ事件が語るもの 芹沢俊介著

拡大
縮小
若者はなぜ殺すのか アキハバラ事件が語るもの 芹沢俊介著

「誰でもよかった」。これは無差別殺傷という行為に走った青年たちが、事後に共通して発した言葉だ。この「誰でもよかった」という投げやりな心性はどこから来るのか。

若者が引き起こす事件を見つめ続けてきた著者は、今年6月東京・秋葉原で7人を殺害した青年が事件前に携帯電話サイトに書き込んだ「人間関わりすぎると怨恨で殺すし、孤独だと無差別に殺すし、難しいね。『誰でもよかった』。なんかわかる気がする」という一文に着目し、無差別殺傷行為に走る若者が根本に抱く「孤独」の本質を洞察。自暴自棄な態度に浮かぶ自己崩壊状態、一般化する自傷行為。救いはいったいどこにあるのか、若者の心の内に及ぶ現代社会の病理を論じる。

小学館101新書 756円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT