家賃60万円滞納した30代「大手建設社員」の転落

33歳男性の事例だが決してひとごとではない

家賃滞納に陥った一級建築士の悲劇を取り上げます。写真はイメージ(写真:Ushico / PIXTA)
「家賃滞納」は、決してひとごとではありません。
普通の人がいつ陥るかもしれない貧困の入り口です。大手建設会社勤務の一級建築士が、なぜ家賃滞納から家族に見放されるまで堕ちてしまったのでしょうか?
2200人以上の家賃滞納者と接した司法書士の太田垣章子氏の著書『家賃滞納という貧困』より一部抜粋の上、紹介します。

大手企業勤務の一級建築士に何が?

入居申込書には、大手建設会社の名前が書かれていました。伊藤和夫さん(33歳、以下登場人物はすべて仮名)は、一級建築士です。10年以上借りているこの部屋で、7カ月間家賃の支払いがありません。滞納額もすでに60万円を超えていました。大手企業に勤めている方が家賃滞納するのは、かなり珍しいケースです。

家主からの依頼を受けた私は、とにかく本人に連絡をとろうと部屋を訪ねました。インターホンを鳴らしましたが、応答はありません。ただ、エアコンの室外機は動いているので室内にいることは間違いなさそうです。

滞納者の多くは、居留守を使います。自分が滞納をしていることはわかっているので、やはりばつが悪いのでしょう。ドア越しにテレビの音が聞こえていたり、エアコンの室外機ががんがん回っていても、チャイムを鳴らした途端、音が消える、エアコンが止まる、そんなことは珍しくないのです。

和夫さんも同じ状況だと思われましたが、平日の昼間に部屋にいるとなれば、仕事も休んでいるのでしょうか。滞納という事実から考えると、仕事を辞めてしまった可能性のほうが高いかもしれません。私はそんなことを考えながら、部屋を後にしました。

和夫さんの連帯保証人である実の姉の玲子さんにも、家主から督促状は繰り返し送られていましたが、反応はありませんでした。家賃滞納の明け渡しの訴訟になれば、連帯保証人の玲子さんも被告ということになります。

玲子さんの住民票を取得してみると、契約時から5年ほどして結婚されていました。今は小さなお子さんのママでもあります。

堅実に家庭を築いている中で、いきなり裁判所から訴状が届いてしまうと、ご主人の手前もあり、立場もありません。まして実の弟が原因ともなれば、戸惑いやショックも大きいはずです。まずは手紙を送ってみました。それでも反応がありません。家主が家賃督促もしていたので、滞納の事実もご存じなのでしょう。連絡が取れないとなれば、このまま手続きを進めるしか方法はありませんでした。

次ページ 玲子さんのご主人からの着信
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT