日産がゴーン会長を解任、全会一致で決議

西川廣人社長が暫定的に会長職を兼務

 11月22日、日産自動車は臨時取締役会を開き、代表取締役会長のカルロス・ゴーン容疑者の会長と代表取締役の解職を決議した。代表取締役のグレッグ・ケリー容疑者の代表取締役解職も決議した。写真は福島県のいわき工場で話すゴーン氏。2016年4月撮影(2018年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 22日 ロイター] - 日産自動車<7201.T>は22日開いた臨時取締役会で、代表取締役会長のカルロス・ゴーン容疑者の会長と代表取締役の解職を決議したと発表した。また、代表取締役のグレッグ・ケリー容疑者の代表取締役解職も決議した。

日産は、社内調査の結果、ゴーン容疑者主導による重大な不正行為を確認したため、今回の解職を決議したと指摘。

具体的には、1)長年にわたり、開示される自らの報酬を少なくするために、実際の報酬額よりも減額した金額を有価証券報告書に記載していた、2)目的を偽って、私的に日産の投資資金を支出した、3)私的な目的で日産の経費を支出した──という不正行為があったとした。

また、ケリー容疑者も今回の事件で首謀と判断されると説明している。

日産の広報担当者は、ロイターの取材に対し、この日の決議は全会一致であると説明した。

同社は同日、ホームページ上で次期会長は、現取締役の中から候補を提案すると公表。ルノーとのアライアンス・パートナーシップは不変であると確認したとした。

さらにガバナンス体制や報酬に関する第三者委員会の設置を検討していることも明らかにした。

共同通信は同日夜、西川廣人社長・最高経営責任者(CEO)が、暫定的に会長職を兼務すると伝えた。

 

(田巻一彦)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • インフレが日本を救う
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。