日経平均株価は反発、一時は250円超上昇 

トヨタ決算で安心感、米中間選控え慎重姿勢

 11月6日、東京株式市場で日経平均は反発した。米国株や為替の落ち着きを支えに買いが先行。トヨタの決算発表後に上げ幅を一時250円超に拡大したが、米中間選挙の結果を見極めたいとのムードは強く、一段上を買う姿勢は限られた。写真は都内で2015年4月撮影(2018年 ロイター/Issei Kato)

[東京 6日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は反発した。米国株や為替の落ち着きを支えに買いが先行。トヨタ<7203.T>の決算発表後に上げ幅を一時250円超に拡大したが、米中間選挙の結果を見極めたいとのムードは強く、一段上を買う姿勢は限られた。米アップル<AAPL.O>が台湾メーカーに新型スマートフォンの増産中止を要請したと一部で報じられ、ハイテク株は軟調だった。

TOPIXも反発。終値は10月22日以来、2週ぶりの高値を付けた。東証33業種中、値下がりしたのは空運のみ。医薬品、保険、卸売が値上がり率上位に入った。東証1部の売買代金は2週ぶり低水準となった。また取引時間中にトヨタは2019年3月期の連結業績予想の上方修正と自社株買いを発表。同社株は一時3%を超す上昇となった。

ドルトン・キャピタル・ジャパンのシニアファンドマネージャー、松本史雄氏は「トヨタの上方修正は為替要因が中心とはいえ、着実に利益を増やしている。自社株買いがやりやすい環境と受け止めることもでき、マーケットに不透明感がある中で安心感につながった」とみる。

米中間選挙を巡っては、上院で共和党、下院で民主党の勝利が市場のメインシナリオとなっている。中間選挙後の株高アノマリーも意識され、日本株に対してはポジション調整の売りも限定的。ただ結果発表後に短期筋による先物売買で現物指数が振幅するリスクも警戒された。日経平均ボラティリティー指数<.JNIV>は低下したが、26ポイント台後半と比較的高い水準を維持した。

決算発表を受けた個別物色の動きも目立った。ソフトバンクグループ<9984.T>は上昇スタートとなったが下げに転じ、1.97%安で取引を終えた。9月中間期営業利益は1.4兆円と大幅増益となったが、10月以降に市場環境が急変したことを背景に、ファンドビジネスの先行きを懸念した売りに押された。日経平均に対しては約20円の押し下げ要因となった。

一方、ジャパンディスプレイ<6740.T>や、TDK<6762.T>など電子部品関連株が軟調。日本経済新聞は5日、アップルが生産委託先の鴻海(ホンハイ)精密工業<2317.TW>などに対し、10月に発売した「iPhone(アイフォーン)XR」の生産ライン増設計画を中止するよう要請したと報じた。受注の先行きに対する不透明感が意識され、関連銘柄が売りに押された。

東証1部の騰落数は、値上がり1362銘柄に対し、値下がりが674銘柄、変わらずが75銘柄だった。

日経平均<.N225>

終値     22147.75 +248.76

寄り付き   22018.87

安値/高値  21994.28─22160.83

 

TOPIX<.TOPX>

終値       1659.35+18.96

寄り付き     1646.42

安値/高値    1646.21─1663.37

 

東証出来高(万株) 134259

東証売買代金(億円) 23815.39

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 内田衛の日々是投資
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ビジネスマンのための<br>世界史&宗教

世界を深く知るには、歴史と宗教の知識が不可欠です。複雑化するビジネスの羅針盤を、よりすぐりの専門家が伝授します。「四大文明」という概念は否定されているなどの新常識、3大宗教の基本、世界史ベストブックスの超解説などが満載です。