レクサスESが積むカメラ式ドアミラーの威力

今秋発売の上級セダンは、雨も夜も視界良好

ESにはそうさせるだけの魅力があると考えている。スタイリングはノーズ、キャビン、トランクがはっきり独立した正統派3ボックスセダンのGSに対し、ルーフからリアにかけて流れるようなラインを持ち、6ライトのサイドウインドーを採用してイメージを一新したフラッグシップセダンの「LS」に近い雰囲気を感じる。ひと世代新しいデザインであると実感する。

今や広さや使いやすさを重視するユーザーはSUVやミニバンに乗る。かつては実用車の代表と言われたセダンはパーソナルカーとしての性格を強めており、それに見合った流麗なデザインを多くのブランドが取り入れている。ESはそのような流れの上に立ったスタイリングを採用したと言える。

市販車に世界初採用「デジタルアウターミラー」

技術面で注目されるのはやはり、市販車世界初採用となるデジタルアウターミラーだろう。前出の親戚も、ESが気になる最大の理由としてこれを挙げていた。

(動画:トヨタグローバルニュースルーム)

デジタルアウターミラーとは、ドアミラーの代わりにカメラを取り付け、その画像をインパネ両脇のモニターに映し出すものだ。ルームミラーについてはすでに、日産自動車のインテリジェントルームミラーなどが実用化されているが、アウターミラーはスタイリングにも関係するだけに、さらに話題になりそうだ。

筆者はインテリジェントルームミラーを体験したことがある。後席の背もたれなどによって視界が遮られることがなく、雨天時や夜間でもクリアな視界を提供してくれるので、おおむね好印象だ。なのでデジタルアウターミラーについても肯定的な立場である。

ただし実車を見ると、ドアに取り付けられたカメラがかなり大柄で横方向に飛び出していることと、インパネ両脇に装着されたモニターがオーソドックスな長方形であることが気になった。

前者については、カメラの映し出す範囲を広く取ったり、センサーやウインカーなどを内蔵したりという理由もあるだろうが、モーターショーに展示されたコンセプトカーに装着しているデジタルアウターミラーのように、もっと小型にできなかったものかと思う。

後者については、インパネ中央に置かれたディスプレイはインパネに合わせた造形としているのだから、デジタルアウターミラーのモニターも同様に、インテリアにフィットした造形にしてほしかった。既存のドアミラーもスタイリングに合わせて長方形ではないのだから。

ドアミラーは視界確保という安全上の目的があり、各ブランドとも無粋であることは承知しつつ、車体から出っ張った四角い突起物という形状を継承し続けてきた。しかしデジタルアウターミラーになれば、モニターともども造形の自由度は上がるはずである。

今後プレミアムブランドを中心に、多くのブランドがこの技術を採用してくるはずで、デザイン競争になる可能性は十分ある。形の良しあしが車種選択の決め手になることもあるだろう。

今回ESに装備されたデジタルアウターミラーが究極の姿だと思うユーザーは多くはないはずだ。日本車らしいエレガンスとハイテクを感じさせるディテールに進化させていってほしい。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT