トランプ氏「クルマは米国内で組み立てろ」

欧州車に20%の関税課すと警告

[ワシントン 22日 ロイター] - トランプ米大統領は22日、欧州連合(EU)内で組み立てられた全ての自動車に対し20%の関税を課すと警告した。

同氏はツイッターで「関税障壁が早急に撤廃されない場合、米国に入ってくる全ての自動車に20%の関税を課す。クルマは米国で組み立てろ!」と投稿した。

EUは米国の鉄鋼・アルミニウム輸入関税への対抗措置として、22日から農産物など30億ドルを超える米製品に25%の関税を適用した。

米国は現在、EUからの輸入乗用車に2.5%、ピックアップトラックに25%の関税を課している。EUは米輸入車に10%の関税を適用している。

独自動車大手、フォルクスワーゲン(VW)<VOWG_p.DE>、ダイムラー<DAIGn.DE>、BMW<BMWG.DE>は米国内で組み立て工場を稼働しており、業界データによると、大統領選でトランプ氏を支持した南部州での生産台数はドイツからの輸入台数を上回るという。

欧州自動車株指数<.SXAP>はトランプ氏のツイート後に急落し、1.25%安で取引を終了した。米自動車大手のフォード<F.N>やゼネラル・モーターズ(GM)<GM.N>も値を下げる場面があった。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。