トランプ氏「クルマは米国内で組み立てろ」

欧州車に20%の関税課すと警告

[ワシントン 22日 ロイター] - トランプ米大統領は22日、欧州連合(EU)内で組み立てられた全ての自動車に対し20%の関税を課すと警告した。

同氏はツイッターで「関税障壁が早急に撤廃されない場合、米国に入ってくる全ての自動車に20%の関税を課す。クルマは米国で組み立てろ!」と投稿した。

EUは米国の鉄鋼・アルミニウム輸入関税への対抗措置として、22日から農産物など30億ドルを超える米製品に25%の関税を適用した。

米国は現在、EUからの輸入乗用車に2.5%、ピックアップトラックに25%の関税を課している。EUは米輸入車に10%の関税を適用している。

独自動車大手、フォルクスワーゲン(VW)<VOWG_p.DE>、ダイムラー<DAIGn.DE>、BMW<BMWG.DE>は米国内で組み立て工場を稼働しており、業界データによると、大統領選でトランプ氏を支持した南部州での生産台数はドイツからの輸入台数を上回るという。

欧州自動車株指数<.SXAP>はトランプ氏のツイート後に急落し、1.25%安で取引を終了した。米自動車大手のフォード<F.N>やゼネラル・モーターズ(GM)<GM.N>も値を下げる場面があった。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT