トランプ大統領・金委員長、合意文書に署名へ

会談で「多くの進展」

 6月12日、トランプ米大統領は、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との首脳会談で「多くの進展」があったとの認識を示し、両国が合意に署名する見込みだと述べた。ワーキングランチの後カペルホテルを散歩する両首脳(2018年 ロイター/Jonathan Ernst)

[シンガポール 12日 ロイター] - トランプ米大統領は12日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との首脳会談で「多くの進展」があったとの認識を示し、両国が合意に署名する見込みだと述べた。合意の詳細は不明。

両首脳はワーキングランチ終了後、ホテル周辺を散策した。

トランプ大統領は会談の状況について記者団に問われると、「多くの進展があり、非常にポジティブだ。誰もが予想した以上で、非常に良い。これから署名する」と答えた。詳細は明らかにしなかった。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 就職四季報プラスワン
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
実家の片づけ<br>激変する相続<br>死後の手続き

モノであふれる実家の整理や親の死後対応は子世代が抱える悩みだ。7月には約40年ぶりに大改正された相続法が本格施行され、知らないと損することも出てくる。10連休こそ「親の3大問題」解決のチャンス! 完全保存版の最新手引。