トランプ大統領・金委員長、合意文書に署名へ

会談で「多くの進展」

 6月12日、トランプ米大統領は、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との首脳会談で「多くの進展」があったとの認識を示し、両国が合意に署名する見込みだと述べた。ワーキングランチの後カペルホテルを散歩する両首脳(2018年 ロイター/Jonathan Ernst)

[シンガポール 12日 ロイター] - トランプ米大統領は12日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との首脳会談で「多くの進展」があったとの認識を示し、両国が合意に署名する見込みだと述べた。合意の詳細は不明。

両首脳はワーキングランチ終了後、ホテル周辺を散策した。

トランプ大統領は会談の状況について記者団に問われると、「多くの進展があり、非常にポジティブだ。誰もが予想した以上で、非常に良い。これから署名する」と答えた。詳細は明らかにしなかった。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ戦争を読み解く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。