トランプ大統領・金委員長、合意文書に署名へ

会談で「多くの進展」

 6月12日、トランプ米大統領は、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との首脳会談で「多くの進展」があったとの認識を示し、両国が合意に署名する見込みだと述べた。ワーキングランチの後カペルホテルを散歩する両首脳(2018年 ロイター/Jonathan Ernst)

[シンガポール 12日 ロイター] - トランプ米大統領は12日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との首脳会談で「多くの進展」があったとの認識を示し、両国が合意に署名する見込みだと述べた。合意の詳細は不明。

両首脳はワーキングランチ終了後、ホテル周辺を散策した。

トランプ大統領は会談の状況について記者団に問われると、「多くの進展があり、非常にポジティブだ。誰もが予想した以上で、非常に良い。これから署名する」と答えた。詳細は明らかにしなかった。

関連記事
トピックボードAD
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 女性の美学
  • なにわ社長の会社の磨き方
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。